抗生物質と抗菌薬の違いと抗生物質の大きな特徴について

抗生物質は何か病気になったときに医療機関から処方される薬として知られていて、担当ドクターから「抗生物質」という名称くらいは聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
抗生物質とは抗菌薬と似ていて、混同する方もいるものですが、どちらがどのように違い、抗生物質がどのようなものなのかは知らないことが多いものです。

抗生物質とはどのようなものなのでしょうか。

抗生物質と抗菌薬の違いについて

抗生物質と抗菌薬というのは、似ているようで実は違うものです。
わかりやすく言えば、抗菌薬という大きなカテゴリの中に、抗生物質が含まれている、そんなイメージのものです。

そして抗生物質は病原微生物を殺すという大きな作用をもっていることが最大の特徴のために、特定の病気に対して処方されるものです。
世界初の抗生物質として知られているのはペニシリンですが、ペニシリンは青かびから発見されたもので、青かびという微生物から発見されたことが重要なポイントになります。

かびは、厳密に言えば真菌で、菌の仲間です。
微生物でもあるかびが作り出した病原微生物を殺す作用があるのがペニシリンなので、抗生物質は、微生物が作った化学物質として認識されています。

抗菌薬は、完全に人工合成の化学物質と微生物が作った化学物質の両方を含めて抗菌薬という大きなカテゴリを構成しています。
つまり、両者は同じような性質を持っているんだけれども、人工合成か、微生物が作ったかの大きな違いがあるものです。

化学療法に使われるのが抗生物質

抗生物質は、医療機関で使用される医薬品の中でも化学療法に分類されていて、それに使用されるものです。
化学療法にはその化学物質が人体にどれだけ副作用を与えるかが問題になりますが、抗生物質の場合は選択毒性といわれていて、人体には副作用がほとんどないかあったとしても弱いもので、ターゲットだけに選択的に毒作用を与える性質をもっています。

この仕組みはさまざまな病気に対して利用されていて、細菌感染をした場合で言えば、その細菌に対してだけ毒性を発揮するけれども、人体にはほとんど無害か、少ない副作用で細菌感染を治療してしまおうという形で使用されています。
人間にとってはとても都合がいい性質なので、選択毒性は非常に多くのシーンで使用されています。

抗生物質は研究が続けられている

抗生物質はその性質から、稀に急性アレルギー反応を起こすことがあります。
例えばペニシリンで言えば、ペニシリン・ショックなどです。
この場合はペニシリン代謝物がアレルゲンとして認識された場合に発症すると考えられています。

こうしたことが他の抗生物質でも発生する可能性がゼロではないので、初診のときの問診票で、薬を服用して具合が悪くなったことの有無を問われることがあります。
しかし安全性を高めるためと、新たな病気への対応のために、抗生物質は日夜研究がされていて、現代でも研究され続けています。

抗生物質は用法容量をしっかり守ること

抗生物質は処方されたとき、1日何回、何日分として処方されます。
痛みを抑えるとか、咳を止めるという薬とは違って、病気の原因を直接殺す作用があるので、用法容量をしっかり守って服用し、投与することが望ましい薬です。

多く使用すれば良い、そういった類のものではないので適切な量や日数で使用するようにしないと後々トラブルとなったり、病気が治らない原因になったりします。

公開日:
最終更新日:2017/08/03