ウイルスに抗生物質は効果がある?ウイルスの薬はありますか?

      2017/08/03

抗生物質は基本的に細菌に対して効く薬で、細菌の細胞に対して攻撃をしたり、細菌が生存できないように細胞レベルで破壊を行っていくために病気を根治することには有効性があるものです。
ですがウイルス性の病気もたくさんあり、それに対しては基本的には抗生物質が効かないという理論が成り立ちます。
ではウイルスにはどのような薬を処方するのでしょうか。

ウイルスに対する薬はあるのでしょうか

ウイルスに対しては抗生物質は効果がありません。
そもそもの構造が違いますし、目的も違うからです。
その証拠に抗生物質の全てをもってしても、インフルエンザやエイズなどのウイルス性の病気は治りません。
抗生物質が細菌に対して効果があるものだからです。

ウイルスに対しては、そのウイルスだけに効果のある薬が使用されます。
例えば、インフルエンザならA型とかB型などがありますが、それぞれのウイルスを撃退する効果がある薬が開発されていてそれを適切に使用することでウイルスを撃退できて病気を根治することができます。

抗生物質を作るのとは違って、実はウイルスを殺す薬というのは作ることがとても難しく、ウイルスは存在するための条件や特徴がほとんどない、つまり攻撃すべき特徴がないために特効薬も作りにくいものです。
そのため新しい新型のインフルエンザなどが出ると、それに効く薬を探すことが多くなります。
その時点から開発をしても実用される頃にはまた別のウイルスが出てしまう、いたちごっこが多くあります。

ウイルスにはあまり薬がない

基本的にはウイルスに対する特効薬のようなものは少ないです。
それだけにウイルス性の病気になったときは、ウイルスが対外へ排出されるのを待つことが多くなります。

 - ウイルス